平成20年3月15日に放出駅から久宝寺駅間が開業したおおさか東線(南区間)は、平成25年3月でめでたく開業5周年を迎えました。
日頃からご利用いただいている皆さまへ感謝の気持ちを表しますとともに、沿線の皆さまに一層ご利用いただきますことを願い、JR西日本が主催して記念イベントを行いました。


 おおさか東線事業のパネル展示



   おおさか東線の事業効果 

おおさか東線が完成すると、大阪圏の鉄道の利便性が、大きく向上します


 「JRのネットワークが充実」

☆新大阪駅へ直結
 東海道・山陽新幹線への乗り継ぎが
 便利になり、広域鉄道ネットワークの
 形成に貢献します。


☆大阪都心・梅田へ直結
JR東西線経由で、梅田等・大阪都心へ、
 行きやすくなります。


 「都心から放射状に延びる各鉄道と
              連絡」

☆大阪都心まで行かなくても、乗り換えが大変便利に
 おおさか東線
 (開業区間)
  久宝寺駅・新加美駅 ⇒ JR大和路線
  JR俊徳道駅      ⇒ 近鉄大阪線
  JR河内永和駅     ⇒ 近鉄奈良線
  高井田中央駅     ⇒ 地下鉄中央線
            ⇒ 近鉄けいはんな線
  放出駅・鴫野駅 ⇒ JR学研都市線・東西線


 (建設中区間)
  野江駅(仮称)  ⇒ 京阪本線
  淡路駅(仮称)  ⇒ 阪急京都線・千里線
  新大阪駅      ⇒ JR京都線





 南区間(放出~久宝寺)開業時の写真
     
平成11年6月の工事着工以来、約8年5ヵ月を経て、おおさか東線(放出~久宝寺間)のレールがつながり、記念式典が開催されました。
〔平成19年11月6日〕
開業前の高架区間 (JR長瀬~新加美間)約3kmを歩くイベント『高架ウォーク』を開催し、約1,000名の皆さまにご参加頂きました。

〔平成19年11月18日〕
おおさか東線(放出~久宝寺間)が開業し、大阪東部地区の公共交通として新しい南北軸が形成され、新たに7つの駅が誕生しました。

〔平成20年3月15日〕



 北区間(新大阪~放出)の建設工事写真
     
     新大阪駅線路切換

H24年12月15日に実施された線路切換の状況です。
総勢、約500人で行う切換工事でしたが、無事故で工事を完遂しました。
 東海道線乗越し部 高架橋新設

おおさか東線が東海道線を乗越しする部分の工事状況です。
(仮称)西吹田駅付近は高架橋を新設する区間となっています。
    鴫野駅部 高架橋新設

鴫野駅の新学研都市線用高架橋の工事状況です。
現在のホームは改修の上、おおさか東線として使用します。



 クイズラリー





3月1日~31日までの間、放出~久宝寺間の7つの駅に設置されているパネルの文字を組み合わせて「キーワード」を完成させていただくものです。



 沿線自治体等のマスコットキャラクターによるPRとチラシの配布
 
マスコットが集合です。 左から、大阪市鶴見区の「つるりっぷ」、東大阪市の「トライくん」、大阪市平野区の「ひらちゃん」、八尾商工会議所の「やおっち」です。
   



 記念ヘッドマーク設置車両の運行


3月15日~31日までの間、おおさか東線を運行する車両(6編成)に、「おおさか東線開業5周年」の記念ヘッドマークを取り付けて運行しました。
 
 
大阪外環状鉄道株式会社