サイトマップ        
大阪外環状鉄道株式会社
トップページ 事業内容 会社概要 決算公告 お知らせ
整備効果 概要と経緯 工事概要 環境と快適
おおさか東線の概要と経緯
事業の概要
 
建設主体
大阪外環状鉄道株式会社
(大阪府、大阪市、東大阪市、吹田市、八尾市、西日本旅客鉄道株式会社等の出資による第三セクター。第三種鉄道事業者。)
 
運営主体
西日本旅客鉄道株式会社、日本貨物鉄道株式会社(ともに第二種鉄道事業者)
 
事業概要
整備延長 ・全区間
・新線建設区間
・複線化区間
・電化区間
新大阪〜久宝寺間(約20.3km)
新大阪〜淡路(約3.2km)
淡路〜久宝寺(約17.1km)
新大阪〜久宝寺間(約20.3km)
旅客駅 ・設置駅数
・ホーム長
14駅
8両対応
事業手法 ・国の「幹線鉄道等活性化事業費補助制度」の適用による鉄道整備
・連続立体交差事業(JR俊徳道〜新加美間 約3.5km)の実施
整備時期 ・放出〜久宝寺
・新大阪〜放出
平成20年3月開業
平成30年度末予定
 
  ※第三種鉄道事業者:  鉄道線路を第一種鉄道事業者(自ら鉄道施設を保有し、旅客又は貨物の運行を行う事業)を経営する者に譲渡目的
をもって敷設する事業、或いは当該鉄道線路を第二種鉄道事業を経営する者に専ら使用させる事業。
※第二種鉄道事業者:  自らが敷設した鉄道線路以外の鉄道線路を使用して旅客又は貨物の運送を行う事業

事業の経緯
昭和27年12月 城東貨物線客車運行促進同盟会結成
35年8月 城東貨物線電化客車運行促進連盟結成
38年3月 都市交通審議会答申第7号(新設すべき路線として大阪外環状線を位置づけ)
46年12月 都市交通審議会答申第13号(新設すべき路線として大阪外環状線を位置づけ)
56年4月 国鉄に対し複線化及び電化の運輸大臣認可
58年4月 俊徳道〜加美間連続立体交差事業の採択
62年4月 西日本旅客鉄道株式会社が運輸大臣認可を承継
平成元年5月 運輸政策審議会答申第10号(2005年までに整備することが適当である路線として答申)
8年5月 幹線鉄道等活性化事業費補助の適用事業として採択
8年11月 建設主体となる「大阪外環状鉄道株式会社」設立
8年12月
鉄道事業免許取得(第三種鉄道事業:大阪外環状鉄道株式会社)
(第二種鉄道事業:西日本旅客鉄道株式会社)
11年2月 都島〜久宝寺間環境影響評価書を大阪府知事に提出
11年2月 都島〜久宝寺間の工事施行について運輸大臣認可
11年3月 俊徳道〜加美間の連続立体交差事業の都市計画決定
11年6月 工事着工
12年3月 俊徳道〜加美間の連続立体交差事業の事業認可
14年11月 新大阪〜都島間環境影響評価書を大阪府知事に提出
14年12月 新大阪〜都島間の工事施行について国土交通大臣認可
17年2月 工事完成期限の延長(平成23年度末)について国土交通大臣認可
19年8月 路線名、南区間の駅名の決定
20年3月 放出〜久宝寺間が開業
21年9月 工事完成期限の延長(平成30年度末)について国土交通大臣認可
25年7月 JR長瀬〜新加美間新駅設置について近畿運輸局長認可
 
Get Adobe Reader
 
大阪外環状鉄道株式会社